感染症について

病後児保育TOP >> 感染症について
  • 伝染性疾患の子どもを保育する場合、病後児室は、その伝染性疾患専用の部屋にします。
  • 感染症が複数になり、隔離困難な場合には受け入れをお断りすることがあります。
  • 伝染性疾患(インフルエンザ、水痘、おたふくかぜ、麻疹など)の場合は急性期を過ぎ、伝染の可能性がなくなってからご利用できます。必ず、マスク着用(持参)をお願いします。
    例:インフルエンザは解熱後より利用可能。
    水痘、おたふくかぜ、麻疹は、下記の「学校保健安全法で定められた感染症について」参照

あらかじめご了承ください

感染予防には努めていますが、同一の看護師・保育士で保育を行うため、別の病気に感染する可能性もございますので、ご了承下さい。

学校保健安全法で定められた感染症について

以下の感染症は学校保健安全法でも定められていますので、利用できません。

病 名 登園停止期間の基準
百日咳 特有の咳が消失するまで、または、適切な抗菌薬療法が終了するまで
麻疹 解熱後3日経過するまで
風疹 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう) すべての発疹がかさぶたになるまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 耳下腺、顎下腺または舌下腺のはれが始まった後5日を経過し、かつ全身状態が良好となるまで
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状が消退した後2日を経過するまで
認定こども園 まあや学園 の病後児保育(病後児保育ケアルーム)
TEL 0791-72-4630 / 受付: AM 8:00〜 PM 5:00