利用できる場合・利用できない場合

病後児保育TOP >> 利用できる場合・利用できない場合

利用できる場合

病後児保育が利用できるのは、下記のすべての項目に該当する場合です。
 

  1. 病気になり、医師に診断してもらったが、まだ病気が十分回復していないか、回復期である
  2. 医師に診断してもらい、病後児保育を利用する許可が下りた。
  3. 保護者の就労や社会的な理由により、家庭における保育や集団保育が困難な状況にある
  4. 病後児保育連絡票 ・利用申し込み書 ・投薬依頼書 ・薬の説明書がそろっている
  5. 緊急の連絡体制が取れる。
  6. 6ケ月~小学校6年生までの子どもである。

以下の場合は利用できません

  1. 医師の診断を受けていない場合。
  2. 医師の許可が下りない場合。
  3. 連絡票の記載が不十分な場合や保護者の署名がない場合。
  4. 乳幼児の体調の急変に対して、緊急の連絡体制が取れないなど、対応に不安がある場合。
  5. 保護者自身の遊びなど、社会的な理由でない場合。
  6. 満床や担当職員が不在などの場合。
  7. 学校保健安全法で定められた感染症の場合(下記のページを参照してください)
    ⇒感染症について

ご注意ください!

園児・児童の受け入れについては、現に保護者が保育できない時間とし、17時以降の預かり保育はできませんのでご留意ください。

認定こども園 まあや学園 の病後児保育(病後児保育ケアルーム)
TEL 0791-72-4630 / 受付: AM 8:00〜 PM 5:00