つくしんぼ通信 2015年7月号

つくしんぼの館トップ >>つくしんぼ通信2015年7月号

梅雨のさなかのはずですが、まずまずの天気が続いています。今年も暑い夏がやってきますね。
蒸し蒸しする日も多くなってきました。

そんな中でも子どもたちは元気いっぱい!
本格的な夏に向けて、体力温存中のお母さんたちも、ぜひ、つくしんぼに遊びに来てくださいね。
夏のおたのしみを色々準備してお待ちしています。

たなばた

牽牛と織女が一年に一度、夏の空で出会う七夕のお話は有名ですね。
『たなばた』は五節句の一つ。
五つというのは、人日(正月)、上巳(モモの節句)、端午、重陽(キクの節句)、そして七夕です。
本来、「棚」と「機」という字を書くのですが、7月7日の夜に神を迎えるために水上に棚作りをして、機を織る行事があり、七と夕をあてました。
また、もともとは仏教行事で、盆行事の一つとして、祖先の霊を祭る前に、穢れをはらい清める行事であったといわれています。
つまり、中国や日本のいくつかの行事が結びついて、今日の『たなばた』になったのです。

屋外で過ごす機会が増え、肌の露出も多くなる夏。
この季節、どうしても気になるのが『虫刺され』。その中でも「蚊」はあまりにポピュラーで不快極まりない存在です。
特に、子どもは、蚊の好む条件が揃っています。

  1. 体温が高い
  2. 代謝や呼吸が活発で二酸化炭素を多く出す
  3. 肌の露出が多い
  4. 汗をよくかく等々・・・

つくしんぼ世代は皮膚もまだ薄いので、赤く腫れやすく大人に比べ反応が強いのも特徴です。
刺されたときは、石鹸と流水で洗い流し、蚊の体液や毒素を中和しましょう。
かゆみが強いときは虫刺され用の軟膏をつけます。
タオルや保冷剤で冷やすと血管を収縮させ、かゆみを抑えるので効果的。
かきこわして化膿菌がつくと「とびひ」になることもありますので十分気をつけましょう

*七夕まつり*

つくしんぼの七夕まつりは2年ぶりになります。
手作りゲームコーナーやくじびき、軽食などを計画中。
つくしんぼホールで行いますので、もしもの雨天でも決行です。時間は10時15分から12時までの予定です。駐車場が混み合うことが予想されますので、お友だち同士乗り合わせてご参加くださると助かります。満車の場合は、臨時駐車場までお回りください。

*わくわく工作*

今年度最初のわくわく工作は『つくろう!ダンボールハウス』
ダンボールでお家を作って、絵の具で色付けします。
どんなアートなお家ができるでしょうか。とっても楽しみですね。
ぜひ、お母さんも子どもたちと一緒に造形を楽しみましょう。
子どもたちもお母さんも汚れてもいい服装でご参加くださいね。

 
絵本の紹介

子ども達にとって絵本は楽しい楽しいおもちゃの1つです。
絵本を読んでいるとお母さんのぬくもり、温かさが自然と伝わっていきますよ。
楽しい絵本を紹介します。
 

「ほしにおねがい」
武鹿 悦子 作
新野めぐみ 絵
「きんぎょがにげた」
五味 太郎 作