つくしんぼ通信 2015年8月号

つくしんぼの館トップ >>つくしんぼ通信2015年8月号

梅雨も明け、夏真っ盛り!暑さ本番がやってきました。
真っ青な空にムクムク白い入道土雲。そのはっきりしたコントラストにテンションも上がります。

世間は夏休みを迎えていますが、子育て世代のお母さんには夏休みなんて別世界のお話ですね。エンドレスの家事に加え、小さな子ども達の世話、そこへ猛暑とくれば、休みなんて言っていられません。
母親になるまで気づかなかった、普通に生活するということが、結構大変だという現実をひしひしと感じます。

けれど、昔に比べ、上手にオンとオフができるようにと環境も準備されつつあります。
何だかストレスを感じるなあ、ちょっとゆっくりしたいけど…なんて時は、ぜひ、つくしんぼに遊びにきてくださいね。
友だちママとおしゃべりしたり、子ども達とゆる〜く遊んでリフレッシュしてください

トマト

トマトが赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、6〜9月のトマトには栄養がいっぱい含まれています。
ビタミンAとCが豊富なうえ、トマト特有の成分であるリコピンには強い抗酸化作用があり、子どもを病気から守ってくれます。
うま味成分であるグルタミン酸を含んでいるので、生食以外にも魚や肉などといっしょに煮込むと、甘みやおいしさが増します。
子どもの好きな料理にして、おいしく食べましょう

冷やしすぎ

熱帯夜が続く暑い時期は、つい冷房に頼りたくなるものですが、できるだけ冷房を使わずに快適に過ごせるように、家の中を再度確認して、涼しい場所や風の通り道を探してみませんか?

意外と子どもたちが知っています。
よく遊ぶ場所や、気持ちよさそうに寝転ぶ場所があれば、いっしょに感じてみてください。
また体内の冷やしすぎにも要注意。暑いと冷たい物が、おなかを壊す原因にもなります。
少量の水分をこまめに飲む、食事でスープ類を多くとるなどの対処を心がけましょう

*たいよう元気クラブ*

まあや学園で体育の指導をしていただいている「太陽スポーツクラブ」。
つくしんぼでは年6回、2歳以上向けに体を動かす楽しさ・意味などを教えていただいています。

今年2回目は「体操選手になろう」と題して、鉄棒や跳び箱などを経験してみましょう。
比嘉先生の絶妙なトークと懐かしのJ-POPに乗せて、年齢に合わせた運動のしかた、介助のコツなども習得して帰ってくださいね。
お母さんも動きやすい服装でご参加ください。暑い時ですので、お茶など水分を忘れずに。

*ハンドヨガ*

主婦を悩ます「肩こり」「腰痛」。 ハンドヨガですっきりしませんか?
講師の先生いわく「キレイと健康はワンセット」だそうですよ。
ぜひ体験してみて下さい。

*シーグラスのフォトフレーム作り*

夏らしくシーグラスを使ったフォトフレームを作りましょう。
まずは石膏を練るところから始めます。
ほどよい硬さにした石膏を木枠に塗りつけたら、それぞれ好みでシーグラスを貼りつけていきます。
石膏の完全な乾燥には数日かかりますので、ご自宅で大事に乾かしてください。
涼しげなフレームに、夏の思い出をぜひ飾ってくださいね。

 
絵本の紹介

子ども達にとって絵本は楽しい楽しいおもちゃの1つです。
絵本を読んでいるとお母さんのぬくもり、温かさが自然と伝わっていきますよ。
楽しい絵本を紹介します。
 

「ぐりとぐらのかいすいよく」
なかがわりえこ 作
やまわきゆりこ 絵
「あしかくんふねにのる」
飯島敏子 作
柳原良平 絵