つくしんぼ通信 2016年9月号

つくしんぼの館トップ >>つくしんぼ通信2016年9月号

もうすぐ夏休みも終わり。
幼稚園児や小学生のいるお宅では、いつも通りの日常が戻ってきますね。
例年、夏休み中の8月は利用される方も少なめで、行事なども空きが多く見られます。
これから9月を迎え、色んなおたのしみを用意してお待ちしていますので、たくさん遊びに来てくださいね。

つくしんぼでは、子どもたちはもちろんですが、お母さん対象の行事も時々企画しています。
その際「子供も連れていってもいいですか?」と問い合わせをいただきます。
もちろん心配なくお連れくださって大丈夫ですよ。
これという決まりはありません。
たまたまパパがお休みなので任せてきました(^-^)という方もいらっしゃれば、気配を察してなかなか離れない子どもさんと共に悪戦苦闘ながら参加している方もいらっしゃいます。
子どもたち同士仲良くなって遊んでいる子もいっぱいいます。

お母さんが見守るというのが当館の基本ではありますが、職員も一緒にいますので自分の為の行事参加も一度トライしてみませんか。

 

十五夜

秋は空気が澄みきっていて、月がとても美しい季節です。
「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」
(詠み人知らず)
と和歌にも詠まれているほど、特に十五夜の満月は美しいものです。
十五夜は中秋の名月と呼ばれ、中国では唐の時代から、日本では平安時代から月見をするようになったと言われています。
かつてこの日は、縁側に置いた机にクリ、カキ、エダマメ、イモ、ダンゴなどを供え、ススキやハギの花を生け、お酒などをささげて月見のうたげを開いたものです。

しいたけ

しいたけの軸はどこまで食べられるでしょう? 
しいたけの石突きは硬くて食感が悪いですが、軸はいっしょに調理して食べられます。
軸だけ残ってしまったときは、肉だんごやハンバーグに刻んで混ぜたり、バターしょうゆ炒めや、つくだ煮にしたりするのもおいしいです。
また、しいたけは冷凍するとグアニル酸といううまみ成分が増しておいしくなるので、食べやすくスライスしてから冷凍保存すれば、そのまま使えて便利です。
煮物や炒め物、味噌汁やスープの具など、だし代わりに利用してみましょう。

*バス遠足*

まあや学園の園バスにのって、遠足に出かけます。
行き先は太子町にある『総合公園』の遊具広場です。
5月に一度計画しましたが、天候不順のため行き先が変更になってしまったので今回再度チャレンジ!
園バスを使って行きますので、少々大人には窮屈ですが、子どもたちはきっと喜んでくれると思います。(雨天中止)

*敬老の日のプレゼント作り*

今年の敬老の日は19日。日頃の感謝をこめて、ささやかなプレゼント作りをします。簡単なモビールですが、可愛い孫の写真にきっと顔もほころぶことでしょう

*わくわく工作*

今月のわくわく工作は『小麦粘土』を使った造形をします。お母さんも子どもたちも、汚れてもいい服装でご参加くださいね。

 
絵本の紹介

子ども達にとって絵本は楽しい楽しいおもちゃの1つです。
絵本を読んでいるとお母さんのぬくもり、温かさが自然と伝わっていきますよ。
楽しい絵本を紹介します。
 

「おつきさまのとおるみち」
香山美子 作
末崎茂樹 絵
「つきよのくじら 」
戸田和代 作
沢田としき 絵