つくしんぼ通信 2018年2月号

つくしんぼの館トップ >>つくしんぼ通信2018年2月号

2月は一年のうちで最も寒くなる季節。先日の関東地方の大雪には驚きましたが、困らない程度の雪は大人になっても何だかウキウキしませんか?
どうせ寒いなら雪でも積もれば子どもたちも喜ぶのになぁなんて思います。

このところ、インフルエンザA型とB型が同時に流行って、1人で両方かかったというお話もチラホラ。つくしんぼの小さな子どもたちには、うがいやマスクといった予防はしづらいかもしれませんが、部屋の温度・湿度の管理や水分補給、外出の際の気遣いなどでも防げることはあると思います。
まだまだシーズン真っ只中。気をつけて寒い冬を乗り切りましょう

豆まき

2月3日は節分。豆まきには「魔滅(まめ)」として邪気を払い無病息災を祈る意味があります。
また、豆に「火」を入れて鬼を封じ込めるとして、煎った豆をまくようになったそうです。
拾い損ねた豆から芽が出ると災いが起こって縁起が悪いとされ、それを防ぐために煎った豆をまいたという説もあります。
昔からの風習には、深い意味が込められているがよく分かりますね。今年の豆まきは、煎った大豆で鬼を退治してみて下さい。

スキンケア

赤ちゃんの肌は、大人の約半分の薄さしかありません。
皮膚の中から水分が逃げ出すのを防いだり、紫外線、乾燥、ほこりなど外部の刺激から肌を守ったりするバリア機能も未発達です。
スキンケアの基本は「きれいに洗って清潔にする」「しっとり保湿する」こと。
ローションやクリームでケアしましょう。
また、赤ちゃんは汗っかき。汗をかいたら早めにシャワーで流したり、絞ったタオルでやさしく拭き取ったりしましょう

*鬼のお面つくり&豆まき*

強そうな鬼のお面をつくったら、鬼は外〜福は内〜と豆まきをしましょう。
みんなのところに赤鬼さんが来たら、大きい声で豆をまいてくださいね。

*わくわく工作*

今年度最終回のわくわく工作になります。
今回は「紙の輪っかで秘密基地!」。
ボール紙の輪っかをいっぱいつなぎ合わせてテントみたいに仕立てます。
子どもたちが入れるくらいの大きさになるようですよ。
みんなの秘密基地!とっても楽しみですね。汚れてもいい服装でご参加下さい。

*おはなしの部屋*

しばらくお休みだった浜田先生の「おはなしの部屋」。今月はどんな絵本かな?
「おはなしの部屋」は年齢制限がありませんので、赤ちゃんのお母さんも息抜きのつもりで参加されてはいかがでしょう。

*おひなさま作り*

ハニカムペーパーを使ったおひなさまを作ります。まぁるいおひなさまができたら、可愛いお顔を描いてくださいね。
男の子もぜひ作りにきてくださいね。

 
今月の新しい絵本

子ども達にとって絵本は楽しい楽しいおもちゃの1つです。
絵本を読んでいるとお母さんのぬくもり、温かさが自然と伝わっていきますよ。
今月の新しい絵本を紹介します。
 

「めの まど あけろ」
「パンツの はきかた」